VFIELD Inc.  Copyright(c) 2005 VFIELD
製品紹介
温浴衛生
温浴衛生ASP
VWORKS

特集記事
お風呂好きの方々へ
施設の衛生自主管理

ライブラリー
行政情報
条例地図
 
リンク
環境省
厚生労働省
国立感染症研究所 
財)中央温泉研究所
宿ネット(全旅連 )

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
TOP PAGE
TOP PAGE



VFIELD.Inc
プライバシーポリシー



TOP



 お風呂好きの方々へ
  
 


 ・お風呂の種類
  家庭のお風呂、昔ながらの銭湯、最近流行のスーパー銭湯、情緒豊かな温泉旅館のお風呂と、世の中にはいろいろなお風呂があります。一口にお風呂といっても、湯船の大きさもさることながら、使っているお湯の種類も、水道水・井戸水・温泉に分かれていて、温泉水は、泉質やpHによる違いもあり、同じ温泉水でもまったく違うと言ってよいほどです。

 ・循環式と掛け流し方式

  お風呂には、お湯の使い方によって、循環式と掛け流しという二つの方式があります。
  昔は、温泉といえば、掛け流し方式でした。交通手段が発達し、温泉地への観光客が増えると、団体客をはじめ、たくさんの旅行者を迎え入れるために、温泉旅館やホテルのお風呂が大型化されてきました。また、手軽に温泉気分を味わえるように「日帰りの温泉施設」やスーパー銭湯が設営されました。その結果、限られた温泉をたくさんの入浴者に提供するために、循環式という方式が普及してきたのです。
  循環式とは、使えるお湯の量に限りのある施設が、温泉を大切に使うために、ろ過器などを使ってお湯をろ過して再利用する方式をいい、ほとんどの施設が循環式を使っています。
  掛け流し方式とは、お湯を常に出し続け、あふれたお湯はそのまま捨ててしまう単純な方式なのですが、温泉のわき出す量がいまだ多い施設や、量は少ないけれど小さな湯船を使う小施設でのみ可能な方式です。

 ・循環式が必要なわけ

  環境省は、あちこちでの温泉の掘削のために減り続ける温泉資源を保護しようと、真剣に施策を行っています。温泉文化を大事にする今の日本では、限られた温泉を活用できる最も有効な方法が、循環式なのです。ただ、循環式は、きちんと管理されなければなりません。
  一方、掛け流し方式でも、湯船のタイルや木製の湯船の木の隙間などの清掃が行き届かなかったりすると、雑菌が繁殖するため、循環式に比べてけっして安全というわけではありません。
  どちらも管理しなければならないという点では、まったく同じことなのです。

 ・なぜ塩素を使う?

  たくさんの方々が利用するお風呂は、ほおっておくと大腸菌などの雑菌がどんどん繁殖します。そのため、国や県では、水道水と同じように、塩素を使用して浴槽水を殺菌し、浴槽水の中の塩素の濃度を管理するよう義務付けています。使われている塩素は、非常に薄いため、健康には害がないとされています。

 ・お風呂の「清潔」を守るために

  掛け流し方式も循環式も衛生管理がとても重要な作業なのです。
  私たちが体を温める浴槽に始まって、脱衣室内(床、壁、脱衣箱、体重計等)、浴室内(床、壁、洗いおけ、腰掛、シャワー用カーテン等) 、浴室内の排水口、排水設備、お湯をろ過するろ過器・配管、髪の毛やゴミをキャッチする集毛器(ヘアキャッチャー)、浴槽と浴槽をつなぐ管(連通管)、浴槽の水位調整を行うための管(水位計)、温泉を貯めておくタンク、タンクから温泉を送っている管など、たくさんの箇所を、毎日または定期的に清掃や消毒を行っています。
  循環式の場合、掛け流し方式に比べて、設備や装置が多いため、やらなければいけない作業がたくさんあります。
  このように、表面上はわからなくても、私たちが気持ちよくお風呂に入れるようにするために、施設の方々は、大変な労力をかけて衛生に気を配っているのです。
  なぜ、ここまでして、衛生管理する必要性があるのでしょうか?
  塩素でお風呂のお湯を殺菌しているから、大丈夫なのでは?
  そこには、近年話題になった「レジオネラ」という細菌を、絶対に入浴者に触れさせてはならないという理由があるからなのです。

 ・レジオネラとは?

  平成14年の夏、宮崎の温泉施設でレジオネラ属菌による集団感染が発生し、7人の方々が亡くなるというたいへん大きな事故がありました。
  レジオネラ属菌とは、土の中や川などにごく普通にいる細菌で、子供が泥遊びをしたりすると体にくっついてきます。しかし、その状態でレジオネラ症にかかることはありません。
  レジオネラ属菌は、水を利用する人工の施設、例えば噴水やビルの冷却塔で増殖するのですが、お風呂も例外ではありません。そして、その水やお湯が霧のような状態になったとき、人の肺に侵入して肺炎を起こします。
  特に抵抗力の弱いお年寄りにとっては、死亡率の高い恐ろしい細菌です。
  塩素等で消毒をして、レジオネラが湯船に出ないようにしていますが、実はそれだけでは、レジオネラの巣が手付かずで残っているのです。
  実は、レジオネラの巣(繁殖源)、それはバイオフィルム(生物膜)と呼ばれているものなのです。
  施設の方々が、日夜必死になって衛生管理を行っているのは、このバイオフィルムと戦っているのです。

 ・バイオフィルム(生物膜)

  バイオフィルムとは、微生物がつくる「ぬめり」のことです。(→写真)
  身近なところでは、家庭の浴槽のぬめり、水換えしていない花瓶の中にできたぬめり、台所の排水口のぬるつきなどがバイオフィルムです。驚くべきことに、細菌の99%以上は、このバイオフィルムを巣にしているそうです。
  清掃や消毒が行き届いていないお風呂では、人の体から出た有機物が、さまざまな箇所に付着して、バイオフィルムを形成します。露天風呂の岩の隙間、浴槽のタイルの目地、ろ過器の内部、配管の内部などです。
  問題のレジオネラ属菌は、このバイオフィルムを作るアメーバに寄生して増殖します。
  このアメーバは、塩素に対して強い抵抗性を持っているので、浴槽水を塩素で消毒しているだけでは、駆除することはできないのです。(→図)
  レジオネラ属菌は、普段はバイオフィルムという巣に守られて生き続けています。そして、浴槽水の塩素濃度が薄くなったとき、つまり一度にたくさんの入浴者があったときや、子供がお漏らしをしたときなどに、巣を出て浴槽水の中に出てきます。レジオネラ症に感染する危険がもっとも高くなるのは、このような状態のときです。
  そのため、施設では、バイオフィルム(レジオネラの巣)ができないように、日々の清掃・消毒をこまめに行い、その記録を保存するようにしています。

 ・安全・安心・清潔は、こうして守られています

  このように、旅館や温泉の施設、さまざまなお風呂は、懸命な衛生管理のおかげで守られているのです。
  お客様をおもてなしする施設にとって、お風呂とは、食事や接客と同等に重要なものです。
  レジオネラの感染症が多発したころから、循環式は掛け流し方式に劣るかのように言われたことがありました。
  循環式も掛け流し方式も、衛生管理の重要さでは同じです。むしろ、構造が複雑な循環式のほうが、より衛生管理を徹底していると言っていいでしょう。
  また、温泉という資源の保護のためにも、循環式は欠かせない役割を担っています。
  お風呂と温泉をこよなく愛する入浴者の方々に、裏方ではありますが、懸命に努力している施設の担当者がいることを、ぜひ知っていただきたいと思います。
Copyright 2005 VFIELD Inc..
support@scfs.jp