VFIELD Inc.  Copyright(c) 2005 VFIELD
製品紹介
温浴衛生
温浴衛生ASP
VWORKS

特集記事
お風呂好きの方々へ
施設の衛生自主管理

ライブラリー
行政情報
条例地図
 
リンク
環境省
厚生労働省
国立感染症研究所 
財)中央温泉研究所
宿ネット(全旅連 )

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
TOP PAGE
TOP PAGE



VFIELD.Inc
プライバシーポリシー



TOP

  

 自主管理〜はじめに
  


 温泉施設や公衆浴場には、日々たくさんの入浴者が訪れます。
 若い健康な方も来れば、小さな子供も、お風呂が楽しみなお年寄りも来られます。
 最近では、施設の大型化が進むと同時に、施設ごとの特徴を打ち出すために、さまざまな設備が導入されるようになりました。同じように見えても、それぞれの施設の構造と設備には、ひとつひとつ違いがあり、温浴施設(=入浴施設)内における衛生管理の方法も施設によって様々に異なってくると言えます。
 近年、温泉を利用した複数の施設で、レジオネラ属菌による感染症が発生し、大勢の方々がお亡くなりになる事故がありました。その原因として共通な点は、衛生管理上重点をおくべき管理ポイントの把握と適切な対処がなされていなかったということです。その中には、ほとんど全ての作業を、業者にまる投げしていた施設もあり、管理というには程遠い施設もありました。
 「不適切な衛生管理」は、「知らなかった、初めて知った」という、無知・無関心から生まれます。しかし、ひとたび事故が発生すれば「知らなかった」ではすまされず、業務上の過失が厳しく問われ、営業者の刑事上・民事上の責任が追求されることになるのです。お風呂の安全・安心がいっそう求められる時代となっているのです。
 従来の温浴施設の衛生管理といえば、浴場の清掃、お湯の入替え、浴槽水の塩素濃度の管理、水質検査といった、どの施設にも共通する比較的単純な作業が中心でした。しかし、レジオネラの出現で管理の方法は一変し、それぞれの施設にある管理ポイントを把握して、日々、清掃・洗浄・消毒・点検を実践する、自主管理が必要とされています。
 レジオネラ属菌の検査をすることと、浴槽水を塩素剤で消毒することは、必要な管理項目ですが、それだけではレジオネラ症の防止対策とはなりません。
 施設にとってレジオネラ対策には、自施設の管理上の問題点を把握して、効率的な対処を行わなければなりません。それには、業者まかせにすることなく、衛生管理の品質とコストを両立する、衛生管理マネージメントの確立が必要です。過去の不幸な事故から学び、衛生管理の基本的な知識を取得して、効果的な管理方法を取り入れた自主管理=衛生管理マネージメントを確立させてはじめて、レジオネラ症を防止する正しい対策を行うことが可能になります。
 それらは決して難しいことではなく、お金がかかることではありません。自らを管理し、マネージメントしてはじめて、安全・安心なお風呂をお客様に提供できるのです。


 レジオネラについて
 

 @レジオネラ属菌とレジオネラ症
 

  レジオネラ属菌は、通常は土中・水中にごく普通に存在している細菌で、自然の状態ではさしたる危険性もなく、見過ごされてきた細菌でした。しかし、水を使った人工の建造物、ビルの冷却塔や温浴施設で、生存に適した条件が整うと、爆発的に増殖することが知られています。特に、衛生管理の行き届かない温浴施設で増殖すると、人命まで奪う危険な状態になります。
  レジオネラ属菌は、レジオネラ症という感染症を引き起こします。
  レジオネラ症は、健康な方でも感染しますが、たいていは風邪のような症状が続いたあと、自然治癒してしまうことが多いようです。しかし、抵抗力の弱い病人や、乳幼児、お年寄りが感染すると、肺炎を起こして重篤な状態となります。
  レジオネラ症は進行が早く、有効な抗生物質の投与がなされないと、発病から2〜3日で死亡することもあります。この場合、致死率は60〜70%にも達します。また、回復しても、肺に疾患が残り、重い後遺症に悩まされます。

               

 

 A最近の感染事例と現状
 

  平成14年の夏、宮崎県の日向市の温泉施設で、この細菌による大量感染事故が勃発し、7人(一説では8人)の方がお亡くなりになる、という大惨事に発展しました。
  宮崎県では、レジオネラ感染の被害の拡大防止を目的とした初動対策を実施すると同時に、専門家で構成する「宮崎県保健福祉部レジオネラ症対策本部」を設置し、原因究明・調査・改善指導等を行いました。
  その後の調査報告によって、この事故の原因を探ることができます。その中から、ポイントと考えられるものを取り上げてみました。
  1.源泉を貯める温泉タンクが汚染されていた
  2.貯湯タンクの清掃・消毒が行われていなかった
  3.貯湯タンクの温度が低かった
  4.エアロゾル(しぶき)を発生させる装置があった
  5.お湯をあふれさせて捨て流す量が足りなかった
  6.浴槽水のpHが高かった
  7.逆洗浄が不十分であった
  8.ヘアキャッチャー(集毛器)の清掃が不十分であった
  9.塩素剤の注入位置が、ろ過器のあとにあった
 10.自主管理マニュアルや点検表が作成されていなかった。
  また、管理者も配置していなかった
  こうしてみると、信じられないことですが、いかに衛生管理がおろそかにされていたか、またその管理体制も不備であったかがよくわかります。特筆すべきは、自主管理マニュアルや点検表が作成されず、また責任を持って設備を管理する担当者も任命していなかったことです。これは、衛生管理における施設の考え方と取り組み方に、根本的な欠陥があったことを示唆しています。
  現在は、幸いなことに大きな感染事故も発生せず、レジオネラ症そのものが沈静化したかのような観がありますが、決してそんなことはなく、国立感染症研究所の感染症の週報では、第4類の感染症として、毎週のように感染報告がなされています。

   


 バイオフィルムについて
 

 @バイオフィルム(生物膜)とは?
 

 バイオフィルムとは、有機物を栄養源として集まった微生物が、その排出したもので作ったぬめりのことです。
 身近なところでは、歯の歯垢、台所や風呂場に発生するヌルヌルしたもの、水を換えていない花瓶の内部にできるぬめりなどです。バイオフィルムの内部では、複数の細菌が押し合いへし合いしながら生息しています。細菌の99%以上は、このバイオフィルムの中で生息していると言われています。
 なぜ、寄り集まって生息するのでしょうか。
 実は、微生物がバイオフィルムの中で生息するのは、そこが薬剤や殺菌剤などの外敵から身を守るためにバリアとして働いているからです。
 家庭のお風呂場の掃除、けっこう大変です。ただこすり洗いしただけでは、バイオフィルムは取れません。たいてい、お風呂のカビ取剤や、塩素系の消毒剤に頼ることになります。

               

 Aバイオフィルムとレジオネラの関係
 

 温浴施設では、ひとたび衛生管理を怠ると、入浴者の垢や汚れを餌として、アメーバなどの有害な微生物が繁殖し、さまざまな箇所にバイオフィルム(生物膜)が発生します。
 通常、浴槽水は塩素などで消毒されていますが、バイオフィルムに保護されたアメーバは、塩素などの消毒剤に、強い抵抗力を持っています。
 レジオネラ属菌は、このアメーバに寄生し、バイオフィルムに守られて生活しています。2重扉に守られているようなものです。
 つまり、バイオフィルムこそがレジオネラの「巣」なのです。
 そのため、温浴施設では、浴槽水の消毒もさることながら、バイオフィルムの除去と付着防止を徹底することが、非常に重要になります。

 バイオフィルムとレジオネラの関係

 










アメーバがバイオフィルムを生成し、その中にもぐりこんでしまった状態。アメーバには、レジオネラ属菌が寄生。浴槽水中にも、レジオネラ属菌が浮遊している
 









浴槽水に塩素が添加されると
 







浮遊しているレジオネラ属菌に
対してはたらきかけ
 








殺菌・消毒する。しかし、
 








バイオフィルムに対しては
 








効果なく、はじき返されてしまう


 Bバイオフィルムはどこにできる?
 

 温浴施設は、その規模も構造も千差万別ですが、バイオフィルムができやすい箇所というのはある程度特定できます。
  1.露天風呂の岩の隙間や割れ目
  2.浴槽のタイルの目地
  3.循環配管
  4.ろ過器の内部
  5.ヘアキャッチャー(集毛器)
  6.オーバーフロー回収槽
  7.貯湯タンク、貯湯槽、温泉槽
  8.連通管
  9.水位計
 などです。気泡発生装置、バイブラマットやジェット噴射管の中にも、お湯が逆流して腐敗し、バイオフィルムができている場合があります。あまり注意されませんが、浴槽に補給湯を送り込む、送湯管などに発生することもあります。また、浴場内の椅子の裏側、足拭きなどもできやすい箇所です。
 お風呂の清掃は、目に付きやすいところは徹底して行われるのが常ですが、バイオフィルムは隠れた箇所で発生するため、つい見逃してしまいがちになるということです。
 
 C塩素とバイオフィルム
 

 浴槽水を消毒するための塩素は、通常0.2〜0.4mg/lという濃度で運用されます。この程度の濃度であれば、人体にも影響なく問題ないといえます。実際、それ以上の濃度で運用すると、臭いに敏感な方は「塩素臭い」と感じます。
 残留塩素濃度を保持することは、レジオネラ属菌が浴槽水中に出てこないようにするために、非常に有効な方法ですが、バイオフィルムに対してはどうでしょうか。
 レジオネラ属菌の「巣」であるバイオフィルムは、微生物が丹精込めて作り上げた強固な防護壁です。そのため、少々の濃さの塩素では、まったく影響されません。やはり、できてから除去するのは大変なので、日々の管理の中で付着防止を心がけることのほうが重要といえます。
 また、泉質やpHに影響されるように、塩素は万能ではないので、施設に合った運用方法を確立することが大切です。
 ※アメーバの抵抗性
 ※塩素とpHの関係
 ※静岡県の高濃度塩素逆洗浄法
 
 D感染へのメカニズム

 
 平成15年2月6日、NHKのクローズアップ現代で、レジオネラ感染の特集が組まれました。山形の感染事例に焦点を当て、施設が塩素濃度管理を行っていたにもかかわらず、感染者を出してしまった原因を究明しました。
 ※入浴者と塩素濃度の関係
 ※感染へのメカニズム
 
 Eバイオフィルムの除去と付着防止
 
 さて、これまで、温浴施設におけるレジオネラ症の防止対策には、バイオフィルムの除去と付着防止の措置を行うことが、最も有効であると述べてまいりました。
 では、実際の施設でよく利用されている方法について、ご紹介いたしましょう。
 前の項でも述べましたが、できてしまったバイオフィルムを除去するのには、多大な労力と費用が発生するので、できる限り日々の衛生管理において、その付着防止を心がけるようにしましょう。

 露天風呂の岩の隙間や割れ目
 
 付着防止:毎日、あるいは週に1回以上の浴槽の清掃の際に、塩素剤等の噴霧を行う
除去:高圧洗浄器等を用いて、汚れを掻き出し、塩素剤等を噴霧する
 
 浴槽のタイルの目地

 
 付着防止:毎日、あるいは週に1回以上の浴槽の清掃の際に、塩素剤等の噴霧を行う
 除去:高圧洗浄器等を用いて、汚れを掻き出し、塩素剤等を噴霧する。また、目地の補修も効果的。
 
 循環配管
 
 付着防止:週に1回以上の浴槽の換水の際に、塩素剤等の薬剤を用いて洗浄・消毒する。
 除去:高濃度の塩素剤、過酸化水素等を用いて洗浄・消毒する。pH が高い泉質(アルカリ泉)などの場合は、二酸化塩素も効果的。

 ろ過器の内部
 
 付着防止:週に1回以上の浴槽の換水の際に、塩素剤等の薬剤を用いて洗浄・消毒する。循環配管と同時に行えば効率的。
 除去:高濃度の塩素剤、過酸化水素等を用いて洗浄・消毒する。pH が高い泉質(アルカリ泉)などの場合は、二酸化塩素も効果的。ろ過器・ろ材の種類によっては、過酸化水素が使えない場合もあるので注意。
 
 ヘアキャッチャー(集毛器)

 
 付着防止:毎日、カゴを清掃し、洗剤等で洗浄。内部の壁面も洗浄。交換のカゴを用意し、塩素水に浸しておくことも効果的。
 除去:毎日の作業が行われていれば、基本的には不要。
 
 オーバーフロー回収槽
 
 付着防止:換水の際、壁面の清掃・洗浄、塩素剤等の噴霧。
 除去:高圧洗浄器等を用いて、壁面の清掃・洗浄。加えて塩素剤等の噴霧。

 貯湯タンク、貯湯槽、温泉槽

 
 付着防止:常に温度を60℃以上に保つ。できない場合は、塩素剤を添加。
 除去:高圧洗浄器等を用いて、壁面の清掃・洗浄。加えて塩素剤等の噴霧。

 連通管

 
 付着防止:換水の際、高圧洗浄器等を用いて管を洗浄する。その後、塩素剤等を通過させ、消毒。
 除去:高圧洗浄器等を用いて、汚れを掻き出し、管を洗浄する。その後、塩素剤等を通過させ、消毒。

 水位計

 
 付着防止:換水の際、高圧洗浄器等を用いて管を洗浄する。その後、塩素剤等を通過させ、消毒。
 除去:高圧洗浄器等を用いて、汚れを掻き出し、管を洗浄する。その後、塩素剤等を通過させ、消毒。


 管理ポイントの把握
 

 バイオフィルムやレジオネラという概念が存在しなかった時代には、温浴施設における衛生管理は、浴場の清掃、お湯の入替え、浴槽水の塩素濃度の管理、水質検査といった、どの施設にも共通する比較的単純な作業が中心でした。
 しかし、今や時代は移り、従来の管理方法は見直されはじめました。
 レジオネラの生態に関する研究が進み、構造の特徴や維持管理の手法が科学的に検証された結果、入浴施設は一律に管理されるものではなく、施設ごとに存在する管理ポイントを、的確に把握して作業を行うことが重要であるとされたためです。塩素濃度の管理と水質検査のみ実施し、バイオフィルムの防止措置がおろそかになると、衛生管理は徹底されず、レジオネラの脅威にさらされてしまうからです。
 そのため行政では、施設が自主管理を構築するための教科書を発行しています。
 それが、厚生労働省の「衛生等管理要領」であり、各都道府県の「条例」です。その中では、施設における標準的な管理ポイントが紹介され、一般的な管理方法が記されています。施設は、これを参考にして、管理ポイントごとの作業を抽出し、スケジュール化すれば、適切に作業が実行できるようになります。
 実際、大手企業が経営する一部の施設では、設備と衛生管理の専門家のコンサルティングを受けて、管理ポイントを洗い出し、独自の管理マニュアルを作成し、実践しているところも存在します。しかし、旅館や銭湯や高齢者福祉施設などのその他の多くの施設では、そのような人的・金銭的余裕がありません。かといって自らが、管理要領や条例の指導内容を応用して、管理ポイントごとの作業スケジュールや点検表を作成できるかというと、非常に難しいのが現状です。


 衛生管理システム「温浴衛生」と自主管理

 

 
 自主管理を構築し実践するためには、旧態依然の管理方法に固執せず、科学的に実証された行政の最新の指導内容(衛生等管理要領や条例)を、いかに正確に自施設に応用するかが鍵となります。
 衛生管理システム「温浴衛生」は、全国10万箇所を超えるとされる温浴施設の経営者・管理者のかたがたに向けて、衛生管理の基本である衛生等管理要領や各都道府県の条例をそれぞれの施設の構造設備に合わせて適応し、自主管理を通じた衛生管理マネージメントの構築支援を行うために開発されました。

 @行政の指導をデータベース化
 
 厚生労働省の衛生等管理要領と、各都道府県の条例、手引書等をデータベース化しました。条例の指導内容は、実は一律ではなく、それぞれの都道府県で異なった箇所があります。そのため、施設が所在地を置く都道府県の条例が、正確にスケジュールへと反映されるようにしました。

 A保健所の指導に対応
 
 行政側における施設への指導は、地域の保健所が担っています。また行政は、管理要領や条例により、施設の自主管理を求めています。そこで、施設が自主管理の体制を整えて、保健所の要望に応えられるように、施設自らが管理ポイントを把握した衛生管理スケジュールを作成し、管理記録(残留塩素濃度管理記録、日々の作業の記録など)を保存できるようになっています。

 B簡単な設問
 
 簡単な設問に「はい、いいえ」で答えてもらうことで、施設がどんな設備を持っているかを聞き出します。例えば、ろ過器や集毛器などがあれば、必要な作業をスケジュール化し、なければ作業はスケジュール化されません。また、写真と説明を添付して、設問の意味がわからない場合等に対処しました。

 C問題箇所の把握
 
 構造設備上に関する設問を行い、レジオネラ症の防止対策を施す上で、問題のある設備や、維持管理が困難となる箇所を指摘します。これは、衛生等管理要領や、条例の指摘とも一致しており、施設が問題箇所を把握し、改善を計画するために役立ちます。

 D動画による学習と充実マニュアル
 
 過去のレジオネラ症感染事故を題材に、バイオフィルムの危険性に触れ、管理ポイントを解説した「レジオネラ症防止対策ガイド」と、それぞれの管理ポイントで必要な清掃・洗浄・消毒・点検といった作業について、マニュアルを準備しました。実際に設備を管理する方が、作業をイメージでき、施設のスタッフで可能な作業か、それとも専門業者に依頼すべきなのか、判断することもできます。
 このように、「温浴衛生」は、温浴施設におけるそれぞれの系統、浴槽の管理ポイントを明確にし、レジオネラ症の防止対策において最も重要な、バイオフィルムの除去と付着防止を目的とした、衛生管理スケジュールを作成します。そして、スケジュール化された作業がなぜ必要なのか、またどのような作業内容なのかを施設の管理者に理解してもらいます。管理者に、作業の必要性と、その作業内容がわかれば、作業の品質を保ちつつ、コストをかけずに行うことが検討できます。すなわち、全てを業者まかせにするのではなく、自分たちの施設は自分たちで管理してこそ、作業品質の保持と、コストを両立することが可能になります。
 これが、「温浴衛生」が目指す、「衛生管理マネージメント」の確立です。

 

Copyright 2005 VFIELD Inc..
support@scfs.jp